NO常識LIFE

“常識”を疑いながら生きる人間のブログ

モバイルルーター頂上決戦!Wi-Fi vs WiMAX

f:id:kskbe:20180508230857p:plain

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの鉄人です。
さて、世間にはたくさんのモバイルルーターが出回っています。

「どれを選べばいいのかわからない」
「品質もよくわからない」

なんてお悩み、ないですか?

 

 

てなわけで、
「通信制限なし」を名乗る2つのルーター
を実際に使用して比較しました。

ズバリ、
民泊レンタルWi-Fi vs WiMAX
です!
※民泊レンタルWi-Fiは、誤解を招きがちな名称ですが、実は民泊をやっていない一般の人でも普通に契約できます!

WiMAXは、Try WiMAXレンタルの15日間お試しレンタルを活用してテストしました。
※読み飛ばしたい人へ⇒記事の後半のまとめを読んでもらえれば!笑

出演者のご紹介

比較を行った民泊レンタルWi-FiUQWiMAXですが、それぞれどういったサービスなのでしょうか。

民泊レンタルWi-Fiとは

まず最初に言っておくことがあります。
民泊をやっていなくても持てます!笑
“民泊・Airbnbホスト向け”とはなっていますが。

民泊レンタルWi-Fi.png

さて、このWi-Fiは一体何が強いのでしょうか。
民泊の場合、速度制限になった期間中使用することになるお客さんのクレームに繋がりかねないわけです。
 
それを解決すべく登場したのがこの民泊レンタルWi-Fi
 
後から来るお客さんに迷惑がかからないように、ってことで実質通信制限なしと謳われています。
さらに2年縛りが無いのでいつ解約しても違約金ゼロ。

スクリーンショット 2017-02-27 1.29.48.png
 
「実質通信制限なし」というのは、
「度が過ぎた使い方をすると速度制限になりまっせ!」
ってことです。笑
※ただし、お金を払えば制限がかかっていないルーターと取り替えてもらうことができます。
 
ネットや知り合いの口コミでは、以下に該当する方は度制限になる可能性有です。
  • 1日で何十GBも使う
  • 月に50GB以上使う(一部では30GBとの声も)
  • エンタメ系の利用が多い(たとえば映画を見まくる)
  • ビデオ通話をかなり使う
ちなみにソフト●ンク社のギガ●ンスターが月々20GBなので、普通に使うだけの人ならそんな莫大な量の通信はしない人が過半数かと思います。
 
これでいて、月額4,500円で保証込み。

スクリーンショット 2017-03-02 0.30.22.png 

半年に1回なら紛失・盗難にあってもほとんど費用がかかりません。笑 
ちなみに、僕は申し込んで1日で家に届きましたw

(2018年5月追記)
以前使用していたルーターが古く少し調子が悪くなったので、新しいものに交換してもらいました。
新しいルーター601HWという機種だったのですが、1日で3GBを越えると日付が変わるまで速度制限になるということになっており、これまでのものと仕様が変わっています。

日付が変わると速度は元に戻り、これまでより民泊の宿泊者への貸し出しに特化した形になった感じがしますね。

問い合わせたところ、希望者には月50GB程度まで使うことができる旧型のルーターを貸し出し可能とのこと。
人によっては1日に3GBの制約がついて毎晩リセットされる方が困る人もいると思います、使い方に合わせてレンタルするルーターを選ぶのが良さそうです。

UQWiMaxとは

提供している会社はUQコミュニケーションズ、WiMax2+という規格の高速通信を絶賛提供チウ。

電話して、他社のWiMaxとの違いがあるかを尋ねると、

「WiMaxの通信品質に関しては、UQが本家なので他社に劣ることはまずないです!」

と強気の回答。 

WiMAXの本家大元といえばUQWiMAXなのですね。

ちなみに、TryWiMAXレンタルを活用すると、15日間無料でレンタルすることができます^^ 

気になる方は無料レンタルしてみましょう!
(WiMAXを持つなら安くてオススメのところがあるので、それについては後述します。)
 

スクリーンショット 2017-03-02 0.35.38.png

まずは結論から

最初に結論から言います。

用途によって、使う方を選んで欲しい! 

家での普段使いならWiMAXで十分だと思います。
というのも、WiMAXでは速度制限になっても、YouTubeが再生できると言われている4Mbpsの通信速度が出ると言われています。

 オススメのWiMAXはBroadWiMAX

品質がほぼ変わらずに、本家よりも安いところが魅力です。

BroadWiMAX 
使用している知り合いに聞いても、どうやら速度制限になっていても気づかないこともあるそうです。

移動中や地下での使用が少なければWiMAX一択で良いかと思います。
逆に移動中や地下での通信速度はWiMAXが不得意とするところなので、それら弱点を埋めてくれるのが民泊レンタルWi-Fiでした。
移動中や地下などでもサクサクの通信速度を維持したい方は、民泊レンタルWi-Fiの方が良いかと思います。
それではやっとここから比較記事スタート!w

比較方法

何と言ってもきになるのが通信速度!

てなわけで比較は以下の2ケース!
シンプルに速さで比較しました! 

  1. 自宅で比較
  2. 移動中の電車内で比較
 3回計測を行い、平均値を見てみることに。
使用した計測サイトはラピッドネットさん。

↓こんな感じで出て来ます。女の子めちゃ顔でかいね。

スクリーンショット 2017-03-02 1.16.37.png 

比較①:自宅で比較

まずは自宅で比較した結果がこちら。


自宅で計測   
(単位:Mbps)
 1回目   2回目   3回目   平均値 
民泊Wi-Fi
(下り)
 15.9  15.4  13.6  15.0
民泊Wi-Fi
(上り)
 5.2  5.5  5.7  5.5
WiMAX
(下り)
 11.3  11.5  12.9  11.9
WiMAX
(上り)
 1.0  2.6  2.6  1.8
光回線
(下り)
 16.0  8.9  14.0  13.0
光回線
(上り)
 8.8  6.3  9.0  8.0

※下り=ダウンロード、昇り=アップロード

 

▼結果概要(自宅編)

【下り】
  • 民泊レンタルWi-Fiが最速。(マンションタイプの光回線よりも早い。)
  • Wi-Fi・WiMaxともに普段使いとしては十分な速度が出ている。両方とも優秀。
【上り】
  • 光回線が最速。
  • 民泊レンタルWi-FiとWiMAXで差がでた。(民泊レンタルWi-Fi:5.5Mbps、WiMAX:1.8Mbps)

 

見ていただくとわかりますが民泊レンタルWi-Fiが想像以上に優秀です。

多くのユーザーが下り(ダウンロード)の速度のみを気にすればいいことを考えると、下りで光回線と同等以上の速度が出ているのはうれしいですね。

これだけ速度でが出ているので、1人暮らしなら光回線は必要無いでしょう。
民泊レンタルWi-FiかWiMAXを持って家でも外でも両方の使用に対応して行けば通信ひはそれなりにスリムになります。

そしてこの検証でもう一つわかったことは、容量の大きなデータを頻繁にアップロードする人は光回線が必須です。
あとはゲームの実況配信とかする人は光回線必須ですね。

比較②:移動中の電車内で比較

  • 持ち歩く
  • 外で使用する

これこそがモバイルルーターの醍醐味です!
そんなわけで電車での移動中に使用して比較してきました。

条件を変えないために、家で計測したときと同じMacbookAirで検証!in総武線快速グリーン車w

 比較結果は以下の通り!

移動中に計測   
(単位:Mbps)
 1回目   2回目   3回目   平均値 
民泊Wi-Fi
(下り)
 15.0  13.4  16.9  15.1
民泊Wi-Fi
(上り)
 6.3  6.1  2.3  4.9
WiMAX
(下り)
 7.5  5.5  10.6  7.9
WiMAX
(上り)
 1.9  1.4  2.2  1.8

 

▼結果概要(電車移動編)

【下り】
  • Wi-FiとWiMaxで通信速度に差が出た。(民泊レンタルWi-Fi:15.1MbpsWiMAX:7.9Mbps)
【昇り】
  • Wi-FiとWiMaxで通信速度に差が出た。(民泊レンタルWi-Fi:4.9MbpsWiMAX:1.8Mbps)

 

以前、WiMaxの店員さんに電話で質問をしたことが有ります。

ワイ「WiMAXの弱点をあげるとすると何がありますか?」
店員さん「移動中と地下は弱いです。あと山間部は全く入らない可能性があります。」
検証結果と店員さんのお話から、WiMaxの方が移動中と地下は弱いようです。
周波数の特性上、山間部では壊滅的につながらないのもWiMAXの特徴です。
お住いの地域がサポートされているのかを確認してからの持つようにしましょう。
なお、知り合いからの口コミではBroadWiMAXは速度制限がかかっていてもYouTubeが見れ、ビデオ通話も問題なくできるようです。
速度制限になっていることに気づかない人もいるぐらい快適らしいです。
そんなわけで、
  • 外での使用よりも家での使用を想定
  • かなり通信量が多い(目安は30GB〜50GB)
こんな人はWiMAXの方が向いていると言えます。

まとめ

まず、大容量のデータをアップロードする人は光回線が一番適しています。
それを踏まえて、、、、 

民泊レンタルWi-Fiが向いている人

  • 電車移動中や地下でも安定した通信速度が欲しい人
  • 月の通信量はそこそこの人(目安は30GB〜50GB)
  • 2年縛りが嫌な人
  • すぐにネット環境が欲しい
  • 重いデータを落とすことがある人(速度が速い分ダウンロード時間が短縮される。)
 ※ちなみに、向かない人はこんな人
  • エンタメ系サービスのヘビーユーザー(映画、Youtubeなど)
  • ビデオ通話のヘビーユーザー
⇒これらに当てはまる人は、民泊レンタルWi-Fiだと速度制限がかかる可能性があるので避けることが望ましい。
 

WiMAXが向いている人

  • 地下や移動中にはあまり通信しない人
  • 通信量がかなり多い人(目安は50GB以上)
  • 契約期間による縛りがあっても大丈夫な人
  • あまり重いデータはダウンロードしない人
  • 3日で10GB使うことがあまりない人
オススメは本家よりもガッツリ安いBroadWiMAX

BroadWiMAX

今回の比較結果、速度は民泊wifiが優秀でした。
しかし、民泊レンタルWi-FiよりもBroadWiMAXの方が安価で使うことができます。
使った感触としては両ルーターともに、間違いなく素晴らしい品質です。
僕は民泊レンタルWi-Fiを使っていて、とても快適です。
 
モバイルルーターをお考えの方の参考になれば嬉しいですね。
 

ほなほな